手汗って悪いものじゃないけれど

自分では、そんなに手汗をかく方なのかはよく分かりません。
でも、やっぱり困ったことはよくあります。

まず、日常で困ることは、べたつくことです。
乾燥肌なのに手汗はかくので気持ちが悪く
よくハンドソープを使って手をこまめに洗うのですが
そのせいかハンドソープに皮膚が負けてしまい
指先などがすぐに荒れてしまいます。

後は、紙類に触れると指跡?がついてしまいます。
以前会社員として働いていた時、提出するプリントや
書類配り等、指紋のようなものがついてしまい、
なんだか不潔に思われるようで大変嫌でした。
それからというもの、常に指が触れる部分は
指抜きを装着し、対策していました。

布にもついてしまいますので、
うかつに触れるとすぐに水ですすいでから洗濯をしないと
手垢のような跡が残ってしまい、大変不便です。

何より嫌なのは、定番かもしれませんが手を繋ぐことです。
相手の方は大体、気を遣って僕手汗をかきやすいみたいで~
等と言ってくれますが、私の手汗の割合のほうが多いのではと
内心ヒヤヒヤしています。
自分が手汗をかくぐらいですから相手の方の手汗が多いくらい
全然構いませんが、相手にどう思われているのか、
かなり気を遣います。

対策としては、常に清潔に保つことです。
一定の時間がたったら手を洗う。
清潔なタオルで拭く。
基本的なことですが大事だと思います。

さらに気を付ける時は、
スプレータイプの消毒液を手指に擦りこみます。
殺菌ができることと、手指がさらっとしますのでおすすめです。
制汗剤含有のさらっとシート等は常に常備しています。

そして、最後にいい香りがするハンドクリームを塗ります。
手汗はおそらく決していい匂いはしないと思うので
少しでも女性らしいいい香りになるようにという対策です。

乾燥もふせいでくれるのでぜひした方がいいと思います。

手汗 止める

必死にシワから逃げています。

30代半ばを超えて、急に気になり始めたシワ。
最初は化粧水や美容液・クリーム・メイクなどでなんとかなっていたんですが、
だんだん化粧品では対応できなくなってきました。

ネットで調べてみると、小ジワはお肌の乾燥が原因のことが多く、
化粧品でお肌を潤してあげれば対応できるんですが、
もっと深いシワは化粧品ではどうにもならないとのことです。
しかも深くなってしまったシワは元に戻るのは難しいということで、
すごーく落ち込みました。

でも、シワを深くしないように努力はできるということで、
今はシワをこれ以上深くしないようにお手入れしています。

今私が行っているお手入れは、
・シワやシミの大きな原因になる紫外線を極力浴びないようにすることと、
・肌の弾力成分を作る栄養素をちゃんと口から摂ること、
・食べた栄養素がちゃんとお肌に届くように、血のめぐりを良くすることです。

紫外線対策には年中日焼け止めをぬっています。
雨の日や曇りの日なんかは「今日は大丈夫でしょ」って思ってしまうこともありますが、
「この油断が大きなシワに・・・」と思い直し、めんどくさくても使うようにしています。

弾力成分のコラーゲンなどを作るのに欠かせないのがアミノ酸ということで
アミノ酸のサプリメントを飲むようにしています。
ご飯も、バランスを考えて作るようになりました。
お肌にどれだけいい成分をぬっても、お肌の中まで浸透することはないらしく
結局食べ物で摂取するのが一番だということです。

せっかくちゃんとしたものを食べても、栄養素が顔に届かなければ意味がないそうです。
肩こりや首のコリのせいで、栄養分が顔にちゃんと届かないので
なるべく方や首をほぐすようにしたり、お風呂にゆっくり浸かって血流をよくするようにしています。

この話を若い子にすると、「必至ですね!」と言われるんですが、
その通りです。
必死です。
「今はインターネットで色々な情報を得ることができるし、
正しい情報を知っていれば高い化粧品を買ったのに効果がなかったなんて嘆くこともなくなるし、
何より老化は勝手にむこうからやってくるものだから必死にならないと逃げられないよ」
と、本気のアドバイスをしています。